ページの先頭です

文字サイズ

配色

トップページ > グループから外されそうになって…。

ここから本文です

グループから外されそうになって…。

夜。 えみは自分の部屋でスマートフォンを使っている。 えみの心の声「私の家では夜8時以降にインターネットは使わないルールがあります」  時計が8時を指す。  えみの心の声「それでSNSのグループで話しているときも、時間になると途中でよく抜けていたんです」  スマートフォンを操作する、えみ。えみの心の声「やがて友達はみんな腹を立てはじめて、私のことを悪く言うようになっていました」  SNSアプリのグループチャット画面。 さつき「えみ、8時になったから消えてね。またね」 えみ「ごめんね、いつも途中で抜けて……」 りんか「ここで抜けるって信じられないんだけど」 えみ「ほんとにごめん……」 あかり「わかってるって、また明日ね」 さつき「はいはい、えみちゃんは寝る時間でちゅよ」  りんか「いらいらする」 あかり「しょうがないよ」 りんか「は?なにそれ。私が悪いっていうの?」 あかり「そうじゃないけど」 りんか「だよね!」 さつき「で、うざいえみが消えたところで話の続きなんだけど」  えみはスマートフォンを見つめてショックを受けている。  読者の皆さんへの問いかけ「こんな時、あなたならどうしますか?」  えみの心の声「グループからも外されたくないし……もう私、どうしたらいいかわからなくて」 えみの心の声「でも……気がついたんだ、いつも あかり だけが、私のこと悪く言ってないって」  昼間の学校。 えみとあかりが学校の廊下で話している。 あかり「先生に相談しようよ」 えみ「そんなことしたら、あなたもいじめられるかもしれないよ」  あかり「でも先生に相談した方がいいよ。ね?」 えみの心の声「あかりに付き添われて、私は担任の先生に相談しました」  学校の生徒指導室にて、えみとあかりの話を聞く担任の先生。 担任「なるほど。よく相談してくれたね。家で決めたルールをしっかり守っていたんだね」 担任「いい、2人ともよく聞いて」  えみの心の声「そして、先生は私たちを絶対に守るという約束と、SNSの内容を保存しておくようにというアドバイスをくれました」  対策委員会にて。校長、副校長、学年主任、生活指導主任、担任、養護教諭、スクールカウンセラーなどの人々が会議に参加している。  校長「それでえみさんは、なんと言ってるんですか?」 担任「相手の生徒たちに、自分の思いを伝えてもいいと言っています」  校長 「わかりました。どのようなことがあっても、私たちは絶対に2人を守っていきましょう。」 担任 「はい!」 夜。 えみは自分の部屋でスマートフォンを使っている。 えみが部屋の時計を見上げる。時計の針は夜8時を過ぎたところ。 えみはスマートフォンの画面を見る。 返信内容を見て笑顔になる、えみ。 夜空には月と流れ星が見える。
ページトップへ