ページの先頭です

文字サイズ

配色

トップページ > 無視されたり悪口を言われたりし続けて…。

ここから本文です

無視されたり悪口を言われたりし続けて…。

下校時の学校。  ともこ「よし、帰ろう」  あすかとみかが、2人で大きな段ボール箱を運んでくる。  ともこ「手伝うよ!」  ともこを押しのける、あすか、みか。 あすか 「じゃまじゃま!どいて」 みか 「忙しいから近寄らないで!」  身を引く、ともこ。怪訝な顔で、あすか、みかの後ろ姿を見送る。  ともこの心の声「私、なにか悪い事したのかな……」  目線を移すと、数名の女子生徒が、ともこの方を見て、聞こえよがしにヒソヒソ話をしている。 数名の女子生徒「あいつ自分のこと、わかってるのかな?」「いらいらするよね」  ともこ、それを聞いてドキッとする。  ともこのほうを見てニヤニヤしながら話し続ける女子生徒たち。 数名の女子生徒「やだ、こっち見てるし」「マジキモイ」  ともこの心の声「え……何……私のこと?」  ともこ、掲示されていたスクールカウンセラー相談室のポスターを見る。 ポスターには「一人で悩まないで!どんな小さなことも相談に乗ります!」と書かれている。  ともこが下校しようとして下駄箱を開けると、靴の上に小さなメモ用紙が置かれている。  メモ用紙には「死ねよ バーカ!!」の文字。  それを見て、しゃがみこんで顔を覆って泣き出す、ともこ。  読者の皆さんへの問いかけ「こんな時、あなたならどうしますか?」  相談室にて。ともこはスクールカウンセラーと向かい合って座っている。 スクールカウンセラー「これまでよく我慢しましたね」  ともこ「うううう……」  スクールカウンセラー「つらかったでしょう。勇気を出してよく話してくれましたね」  涙を流しながら話す、ともこ。 「でも、先生には絶対に言わないでください。チクったってみんなに思われたら、 もっといじめられるから……」  スクールカウンセラー「大丈夫ですよ。学校は先生たちみんなであなたを守ります。あなたから相談があったことは、絶対に他の生徒たちには知られないようにします」  スクールカウンセラー「大丈夫、学校を信じて!」  職員会議室。  校長、副校長、学年主任、生活指導主任、担任、養護教諭、スクールカウンセラーが会議机を囲んでいる。 スクールカウンセラー 「ともこさんは、これまで誰にも相談できずに一人で悩んでいたようです。彼女に申し訳なく思います」  スクールカウンセラー「また学校に相談したことが他の生徒に知られてしまうことを、とても恐れています」  別の先生「なるほど」  一枚のメモ用紙を手に取る校長。そこには「死ねよ バーカ!!」と書かれている。  うなずいて、顔を上げる校長。  校長 「わかりました。力を合わせて彼女を守りましょう」 
ページトップへ