ページの先頭です

文字サイズ

配色

トップページ > 匿名(とくめい)でつぶやいていたら…。

ここから本文です

匿名(とくめい)でつぶやいていたら…。

夜、あきらの家。パッと灯りがつく。 あきらは自室でスマートフォンを見ている。 あきら「たくみがまた、算数の問題解けなくて笑われていた、っと」 SNSのあきらの書き込み「たくみがまた、算数の問題解けなくて笑われていたww。」 SNSの「いいね」マークの部分に「2人が『いいね』を押しました」という表示が現れる。 あきら「もう2人の『いいね』がついた」 あきらの心の声「そうだ、あれも投稿しちゃおう」 SNSのあきらの書き込み「ウチのクラスの指揮者、ななみっていうんだけど、なんか動きが変で笑っちゃう。」 あきら「ひま。なんか面白い書き込みないかな」  何かに気が付くあきら。 あきら「みゆき……?このみゆきってアカウントの子、顔写真加工してるけれど、同じクラスのみゆきじゃないか?あいつもこのSNS使っているんだな……」 あきら「もういいや、動画サイトでも観るかな」 昼間。 休み時間の学校の教室にて。 みんながあきらの方を見ながらヒソヒソ話をしている。 あきらの心の声「変だな、なんだろう……今日はみんなに避けられているような気がする……」 ヒソヒソ話の声「昨日の『いいね』ってさ……うんうん間違いないよ」 振り向くあきら。 あきら「え? 今『いいね』って聞こえたけど、まさか」 夜、あきらの自宅にて。 あきら「やっぱりそうだ……みゆきのSNSの投稿に僕が『いいね』を押したから、そこからみゆきが僕のアカウントを見つけて、それで僕が投稿してたクラスの悪口がみんなにばれたんだ……どうしよう……」  別の日。 休み時間の教室で。 ヒソヒソ話の声「あとはあのグループで話すね」 ヒソヒソ話の声「ありがと」 あきら、一人で席に座っている。 あきらの心の声「どうしてあんな悪口を投稿したのかうまく説明できなくて、やがて何もかも面倒になって……学校に来ることさえどうでもよくなった」 読者の皆さんへの問いかけ「考えてみましょう。どうしてあきらはクラスメイトの悪口を投稿したのでしょうか」
ページトップへ